ストックフォトで稼ぐ方法や写真のRAW現像情報など配信中のストックフォトス

広角レンズのカールツァイスMilvus 2.8/21mm

広角レンズのカールツァイスMilvus 2.8/21mm

目次

広角レンズのお気に入りカールツァイス

基本的に広角レンズが大好きな人です。「なぜ広角レンズが好きなのか?」風景写真家ならみんな広角レンズが好きだと思います。良く「1枚の写真にストーリーを作る事が重要」って言われていますが、そのストーリーを作るにも広角レンズが一番のレンズです。

カールツァイスの21mmが一番のお気に入りの広角レンズです。18mmも持っていますが、21mmが一番利用頻度が高い広角レンズです。風景写真を撮っていると広角レンズで、壮大な風景を撮影したくなりますので、よく利用しています。

カールツァイスのニコン用zf.2になります。この広角レンズは、絞りをカメラの絞りダイヤルで設定することが出来ますので、簡単に絞りを設定できます。基本的にカールツァイスのニコンやキャノン用は、マニュアルでのピント合わせになります。私は撮影の時は、ライブビューで拡大してピント合わせするので、マニュアルでも問題ありません。

広角レンズのフィルター利用

広角レンズのフィルター利用

フィルター系は82mmになるのですが、LEEの100mmシステムを利用できます。※PLフィルターにに105mmの丸形をフィルターホルダーに付けて利用しています。

風景写真家には必修アイテムの角型フィルターシステム

おすすめ風景写真家には必修アイテムの角型フィルターシステム

風景写真家には、必修アイテムのフィルターシステムの紹介です。以前までは、ケンコーの丸型フィルターを利用していたのですが、ハーフN......

また広角レンズは、良くケラレるのですが、LEEの100mmの場合は問題なく利用できています。一つ前のカールツァイスディスタゴンは、色乗りなどカールツァイスならではと感じていましたが、ミルバスは、ニュートラルに近い発色で、私はとても気に入っています。またピントリングは、とても滑らかで、ちょうど良い重みがあります。

21mmなので、そう簡単にケラレることは無いのですが、カールツァイスの18mmもLEEの100mmシステムならほとんど問題なく利用できています。

私のレンズシステムは、風景写真家には珍しく、単焦点のみです。「なぜ単焦点レンズだけなのか?」これについては、次回に書かせてもらいますね。風景撮影で、「単焦点レンズだけで問題ないのか?」って思っている方もいるかもしれませんが、単焦点レンズだけで困ったことは、あまりありません。

カールツァイスMilvus 2.8/21mm

焦点距離 21 mm 絞り値 f/2.8 – f/22
撮影距離 0,22m – ∞ レンズ構成 16/13
画角(対角線/水平線) 90°/81°/59° 最近接撮影範囲 120mm x 180mm
フィルター径 82mm サイズ ZF.2:109,50mm
質量 ZF.2:735g マウント F Mount(ZF.2)

カールツァイスの21mmの作例

石川県の見附島の朝

石川県の見附島の朝

長野県の志賀高原の渋峠の朝焼けと雲海

長野県の志賀高原の渋峠の朝焼けと雲海

長野県の竜返しの滝と光芒

長野県の竜返しの滝と光芒

まとめ

「広角レンズを使いこなせたら一流」って良く本とかに書かれていますが、広角レンズは本当に難しいと思います。画角が標準より広いため多くの物が映り込みます。それを上手く整理し配置することが重要ですね。また前景から後景までの流れを作るには、広角レンズが最適です。

どこの撮影場所に行っても「一番に広角レンズで撮影できないか」を検討してから撮影に入ります。早く使いこなせる様になりたいと思っているから、自然と利用頻度が増えていきます。