ストックフォトで稼ぐ方法や写真のRAW現像情報など配信中のストックフォトス

風景写真が初めて売れて書籍の表紙に掲載されたことに感動

風景写真が初めて売れて書籍の表紙に掲載されたことに感動

はじめて書籍「越境の古代史 (角川ソフィア文庫) 」の表紙に自分の写真を使っていただきました。アマゾンなどで、採用された書籍を見ると嬉しく思います。

でも皆さんが一番気になる部分は、どの様な流れで「書籍の表紙になったのか?」だと思いますが、簡単に言いますとRM作家の販売先のひとつになります。また販売金額も中面などに比べて表紙は高単価で販売されています。

RM作家の販売先について
  • 書籍や雑誌などの媒体
  • 企業や販売用カレンダー
  • テレビやポスターなど多彩

目次

RM作家とし初めて書籍の表紙に採用

初めて売れた写真が表紙に掲

RM作家は普通のストックフォトとは違う事実を知っていますか?なぜならRMライセンスで販売される場合は、大手企業だったり、ポスター、書籍、カレンダーといったワンランク上の媒体に採用されるからです。

また金額も通常のストックフォトとは違い、1枚あたりの販売単価が高いことです。具体的な金額は言えないのですが、1枚で数十万になる場合もあります。

昔と比べてRM作家の収入も激減している中で、皆さん悪戦苦闘しています。なぜなら販売枚数や単価が、年々下がってきているからです。そして経費は、上がってきています。その中で、ヒット作品を作り出し利益が出る作品を販売していかなければ、ならないからです。

街中で自分の写真が掲載された書籍やポスターなどを目にするとモチベーションも上がり、これからもがんばって撮影しなければならないと感じさせてくれます。

越境の古代史 (角川ソフィア文庫)

アジアのネットワークの関係の歴史を明らかにする。

まとめ

当ブログを読んで、RM作家デビューされた方も数名いますが、頑張って頂きたいと思っております。巨大ポスターや記念切手、作家カレンダーなど、まだまだ金額の高い案件があるので、是非チャレンジしてみて下さい。※決して楽な事はありません。

私もRM作家活動を初めて1年が経ちましたが、とても厳しく悪戦苦闘しております。最近では、RM作家活動と作家活動の両立を目指し奮闘していますが、とても大変です。でも諦めなければ、いつかチャンスを掴むことが出来ると信じてがんばっています!

写真販売をして稼ぐために特別な考え方を理解する方法

おすすめ写真販売をして稼ぐために特別な考え方を理解する方法

風景写真販売で稼ぐためにRM作家になったのですが、本気で収入を得るために必要なことを考えてみたいと思います。写真販売をはじめたこ......