ストックフォトで稼ぐ方法や写真のRAW現像情報など配信中のストックフォトス

富士フイルム GFX-50S

FUJIFILUM GFX50S

目次

富士フイルムのミラーレス中判デジタル

富士フイルム(FUJIFILM)からミラーレスの中判デジタルがでますね。って「今頃その記事書くの?」って言われてしまいそうですね。私がよく勉強してる風景写真家の多くの方も富士フイルム(FUJIFILM)のXシリーズを使っています。

フィルム時代からの再現方法が、デジタルでも出ていてとても人気が高い見たいです。私は使ったことが無いですが、その富士フイルム(FUJIFILM)が高解像度の中判デジタルを販売すれば、かなりの需要があるように思われます。また価格もレンズ込みで、$10,000以下と言っていますので、かなり安くなれば、撮影現場でも度々目にすることが出来かもしれません。

FUJIFILUM GFX50Sは、2017年の初期に発売される予定。35mmフルサイズセンサーの1.7倍の面積を持つ(43.8×32.9mm)有効5,140万画素。一般的に言う4433センサーですね。中判デジタルが大好きな私には、非常に興味がある機種の1つです。

液晶モニターもチルト可能で、ファインダーは取り外し可能。またレンズには新しくGマウントを採用し来年初期にカメラと3本のレンズを同時発売するみたいです。合計6本のレンズを来年初期から随時販売するみたいです。その中にGF23mmF4 R LM WR超広角レンズも名を連ねていました。これは風景写真家にはとてもうれしいレンズの1つです。

レンズの種類はフォーカスプレーンシャッターを採用。フォーカスプレーンシャッターは、レンズシャッターよりも高速なシャッター速度に対応できるようになっています。

GFX-50Sの詳細

  • 名称はGFX-50S
  • 43.8×32.9中判センサー
  • 重量は800g
  • 35mm判換算で1.7倍
  • 51.4MP 8256×6192ピクセル
  • チルト液晶搭載(ウェストレベル対応可能)
  • フォーカルプレーンシャッター
  • 3つのレンズと同時発売
  • 2017年の初期に発売予定
  • 価格はキットで$10,000以下

Gマウントレンズ

  • GF23mmF4 R LM WR (2017年中頃発売)
  • GF45mmF2.8 R WR (2017年の終盤発売)
  • GF63mmF2.8 R WR (2017年初期発売)
  • GF110mmF2 R LM WR (2017年中頃発売)
  • GF120mmF4 R LM OIS WR Macro (2017年初期発売)
  • GF32-64mmF4 R LM WR (2017年初期発売)

* マルチアスペクト

  • 4:3 5140万画素
  • 1:1 3830万画素相当
  • 5:4 4800万画素相当
  • 7:6 4480万画素相当
  • 16:9 3830万画素相当
  • 65:24 2520万画素相当

追記:いよいよ予約注文が開始されました。2月下旬発売で、約73万円(ボディのみ)

まとめ

動画などを見る限り非常に評判の良いミラーレスの中判デジタルカメラだと思います。あとは値段次第ですね。撮影現場でもたまにしか見ることが出来ない中判デジタルを頻度に見ることが出来るかもしれません。

機種名がGFX50Sとなっているので、将来はGFX80SやGFX100Sなども出るのでしょうか?すごい時代に突入しているみたいで、カメラを利用する方もいろいろ大変だと思います。