ストックフォトで稼ぐ方法や写真のRAW現像情報など配信中のストックフォトス

Photoshopで細かな木や境界線を調整し綺麗に切り抜く方法

Photoshopで細かな木々や境界線を調整し綺麗に切り抜く方法

目次

Photoshopで細かな木や境界線の選択範囲を作る

風景写真をPhotoshopで、RAW現像していると「空だけの選択範囲を作りたい」「細かな木を綺麗に切り抜き調整したい」などと思うことが多くあります。

時間を掛けて選択範囲を作ることで、細かな木を切り抜くことも出来るかもしれませんが、今回ご紹介する方法は、とても簡単に細かな木や境界線を綺麗に切り抜くテクニックです。

このテクニックを利用して、切り抜き選択範囲を作ることで、様々な状況に対応させることができます。びっくりするほど簡単に出来るので、是非利用してみて下さい。

Photoshopで細かな木や境界線に選択範囲を作り空を切り抜く方法

Photoshopで細かな木や境界線の選択範囲を作る

まずは空を切り抜くために必要な基本の選択範囲を作ります。いろんなPhotoshopのテクニックがあると思うのですが、今回は、ブルーチャンネルを基本にして、空の部分に選択範囲を作りたいと思います。

始めにチャンネルパネルのブルーチャンネルをコピーしてください。これをベースに細かな木を簡単に切り抜き、綺麗な境界線を作りたいと思います。

Photoshopで細かな木や境界線の選択範囲を作る

レベル補正で、白と黒のマスクを少しはっきりさせます。キーボードの(Command + l)で、レベル補正の調整パネルが表示されます。

ここで注意することは、極端に調整しないことです。少し黒と白をくっきりさせるだけで問題ありません。「なぜ極端に調整しないの?」って思った方もいると思いますが、大きく調整すると、細かな木々の部分が荒くなり綺麗な境界線を作ることが出来無いからです。

Photoshopで細かな木や境界線の選択範囲を作る

細かな部分の境界線を綺麗に切り抜くために使うツールが「覆い焼きツール」になります。この覆い焼きツールで、細かな木や山の境界線を作っていきます。

覆い焼きツールの設定は、範囲:ハイライトで、流量:100%にしてください。このテクニックは、説明が難しいため動画の方で、確認して下さい。

範囲をハイライトにしているためはみ出しても問題ありません。境界線の白い部分を作ることが目的になります。

Photoshopで細かな木や境界線の選択範囲を作る

覆い焼きツールで、境界部分を作ったら後は、レベル補正と選択範囲で、空の部分を切り抜きます。選択範囲を作るツールは、自分の扱いやすいツールを利用して下さい。そしてレベル補正(Command + l)で 、細かな木と山の境界線を綺麗に分けて、選択範囲を完成させます。

今回は多角形選択ツールを利用しました。そして細かな木の部分以外に選択範囲を作ります。なぜなら細かな木々の部分は、覆い焼きツールで、完成しているからです。

Photoshopで細かな木や境界線の選択範囲を作る

完成した空の部分の選択範囲になります。木の細かな部分や山の境界線を簡単に作ることが出来たと思います。

Photoshopで細かな木や境界線の選択範囲を作る

オーバーレイで、実際の写真と重ねて確認してみて下さい。オーバーレイを表示させるには、キーボードのバックスラッシュ(\)を押して下さい。

今回のPhotoshopで、細かな木と山の境界線を綺麗に作り切り抜くテクニックは、説明がとても難しいので、時間がある時に動画で確認してみて下さい。※テクニックの紹介なので、細かな部分までは調整していません。

Photoshopで細かな木々や境界線を調整し綺麗に切り抜く動画

まとめ

このテクニックは、とても利用頻度が高いPhotoshopのテクニックになります。また応用することで、様々な状況に対応できるテクニックなので、是非覚えて利用してみて下さい。

空だけのノイズを除去する時や空以外のコントラストを強める時など幅広い場面で、必要になる重要なPhotoshopのテクニックです。

風景写真のRAW現像に必要なアイテム

おすすめ風景写真のRAW現像に必要なアイテム

AdobeのPhotoshopとLightroomは、最低限必要なソフトになります。また皆さんよくご存知だと思うので、説明は省かさせて頂きます。※Captu......