ストックフォトで稼ぐ方法や写真のRAW現像情報など配信中のストックフォトス

PhotoshopでNDフィルターを利用して長時間露光したような雲を簡単に作る方法

PhotoshopでNDフィルターを利用して長時間露光した様な雲を簡単に作る方法

目次

Photoshopで、スローシャッターで撮影したような幻想的な雲を作る

撮影して現像する時に「スローシャッターで撮影した方が良かったなぁ」と思ったことはありませんか?または撮影の時に風が強くスローシャッターで撮影できなかったけど雲を流したいと思ったことなどあるのじゃないでしょうか?

そんな時に役に立つPhotoshopのレタッチ・テクニックで、NDフィルターを利用して長時間露光して撮影したような雲を作る方法をご紹介したいと思います。

とても簡単に利用できるPhotoshopのレタッチ・テクニックなので、是非覚えて利用してみて下さい。今までとは、少し違った風景写真を作ることが出来ると思います。

Photoshopのレタッチで長時間露光して撮影したような雲を簡単に作る方法

Photoshopのレタッチで長時間露光して撮影したような雲を簡単に作る方法

まずは空の選択範囲を作る必要がありますが、このPhotoshopのテクニックは、前回ご紹介した記事を参考に作ってみて下さい。

Photoshopで細かな木や境界線を調整し綺麗に切り抜く方法

おすすめPhotoshopで細かな木や境界線を調整し綺麗に切り抜く方法

風景写真をPhotoshopで、RAW現像していると「空だけの選択範囲を作りたい」「細かな木を綺麗に切り抜き調整したい」などと思うことが多......

選択範囲を作ることが出来たら画面上に選択範囲を表示させて下さい。※選択範囲が点線で表示されている状態にする

Photoshopのレタッチで長時間露光して撮影したような雲を簡単に作る方法

グループフォルダーを作り、そのグループフォルダーにマスクを設定します。「レイヤーマスクの追加」をクリックすると自動的に選択範囲のマスクが追加されます。

Photoshopのレタッチで長時間露光して撮影したような雲を簡単に作る方法

空の部分だけをコピーしたいので、先程利用した選択範囲を再選択させます。キーボードのCommand + Shift + dで、前回利用した選択範囲を再表示させることが出来ます。

Photoshopのレタッチで長時間露光して撮影したような雲を簡単に作る方法

空の部分をコピーするレイヤーを選択した状態で、キーボードのCommand + jを押すと選択範囲の部分だけがコピーされます。そのコピーされたレイヤーを先程作ったグループフォルダーの中に入れて下さい。

Photoshopのレタッチで長時間露光して撮影したような雲を簡単に作る方法

ツールバーにあるフィルターメニューから「ぼかしギャラリーの中にあるパスぼかし」を選択します。

Photoshopのレタッチで長時間露光して撮影したような雲を簡単に作る方法

パスぼかしを選択すると専用の設定画面が起動します。雲を流したい方向などをパスで設定して、右側にある速度を調整します。これでNDフィルター使ってスローシャッターで撮影したような雲を簡単に作ることが出来たと思います。

とても簡単に利用できるPhotoshopのテクニックなので、是非利用してみて下さい。パスぼかし部分などは、説明が難しく理解できな方は、動画で確認してみて下さい。

Photoshopで幻想的な雲を作る前と後

Before After

PhotoshopでNDフィルターを使い長時間露光して撮影したような雲を簡単に作る動画

まとめ

撮影現場で「スローシャッターで、雲を流して撮影したい」と思っても風が強くて諦めたことが度々あります。そんな時は、普通に撮影して、RAW現像の時にこのテクニックを利用し幻想的な雲にすることが出来ます。

選択範囲を作ることが出来れば簡単に雲を流すことが出来るので、前回ご紹介したPhotoshopで簡単に作ることが出来る選択範囲の方法を覚えて利用してみて下さい。

風景写真のRAW現像に必要なアイテム

おすすめ風景写真のRAW現像に必要なアイテム

AdobeのPhotoshopとLightroomは、最低限必要なソフトになります。また皆さんよくご存知だと思うので、説明は省かさせて頂きます。※Captu......